妊活まとめブログ

TOP PAGE ⇒ 「葉酸は水溶性ビタミンです」

葉酸は水溶性ビタミンです

第二子が欲しいとなんとなくおもいながらも3年たった後も妊娠に至らずだったので、筆者とウチの人の体の調子に危なさを抱きました。

 

長女を育てるためにも元気でいなければいけないんですので、この際だから細かく検査をしてもらい、何もみつからなければ妊娠活動し始めようと夫と話し合って決めたわけですねが、思い返してみると、この話し合いが妊娠活動スタートの直接のきっかけと思いませんか。

 

皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な養分の1つであるようです。

 

葉酸はビタミンの一種ですので、普段の食事にもはいってはいるわけですねが、カンタンに適切な量を補給しようと考えるならば、サプリメントによってカバーのが、一番手軽で安心です。

 

しかし、葉酸が胎児と母カラダの健康をサポートする栄養分であることを踏まえると、一体いつから飲めば理想のかと、疑問に感じる方もおおいでしょうね。

 

正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だとすると言われています。

 

妊婦にとって、葉酸が一番必需となるのは、「妊娠初めの頃の3ヵ月間」だとするとありますが、胎児だけでは無く、ママの健康をサポートすると言う意味においても必要栄養素なのですねよね。

 

こうした点から、妊活中の段階で、葉酸補給サプリを積極的に補給し、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリメントによる葉酸の摂り入れること期間とする事が、最も適切だと考えられます。

 

そもそも、葉酸は水溶性ビタミンなので調理中も水に溶け出してしまう(>_<)。

 

それから、他のビタミンB群と同様、熱に弱いのでどのように調理するかによって葉酸が半分以下に減ってしまうこともあるわけですね。

 

そうかといって、生野菜等を豊富食べるのはすごく現実的ですとないです。

 

このことを踏まえるなら、調理中も長時間の加熱を避けるなど、小さな工夫を積み重ねるのが食べ物から葉酸を効率よく補うためにかかせないと言えます。

 

赤ちゃんはおなかの中で細胞分裂を繰り返しながら成長するわけですが、この時に葉酸がたいへん重要な働きをするわけですね。

 

かかせない不可欠な葉酸なのですけど、葉酸単体での吸収率はあまり高く無いのです。

 

ですので、総合サプリメントを選ぶと理想でしょう。

 

ただし、妊娠中のママにとって足りていないしがちな栄養素は様々なので、葉酸以外に一体いかなる成分が必要なのか判らないと、お悩みの方も多いでしょう。

 

カンタンな判別しかたとしては、信用出来る赤ちゃん用粉ミルクの成分を目安に、総合サプリをチョイスするようにすれば間違いないと思われます。

 

妊娠中の女性にとって、葉酸の効果的な補給ころは、妊娠前から妊娠3か月ですと言われています。

 

この期間は葉酸の十分な補給が最も大切な期間であるこっていうのは、疑いようがないのです。

 

それでは、この期間を過ぎた後、具体的には出産するまでの間期から後期の妊娠中の女性にとって、葉酸は不必需なのか?という疑問も抱きます。

 

しかし、それは違います。

 

葉酸の持つ効果の中で最も大切な、胎児の先天性異常に対する発症懸念を低減してくれるという効果のみに注目した場合、先に述べた妊娠初期と言う補給頃がたいへん大切な期間という事によってすので、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂り入れることが、強く勧告されてるということです。

 

不妊症の治療でかかる費用ってばかにならないのですし、精神的に参ってしまう人も少なくないのです。

 

行政からの助成金があるものの、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされる自治体が多いって思いますよね。

 

筆者は40歳以上の人こそ治療回数も増え、助成も欠かせないなのだとするとないでしょうか。

 

筆者はもうじき40歳ですし、体力と時間と代金のことばっかりおもって、疲れきっています。


Copyright (C) 2016 妊活まとめブログ All Rights Reserved.

TOP
PAGE