妊活まとめブログ

TOP PAGE ⇒ 「冷え性改善にむかしながらのお灸」

冷え性改善にむかしながらのお灸

不妊の一因は冷え性だともいわれています。冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、栄養不良に代謝不良が重なって、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下することに繋がります。こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。お灸は緊張をほぐして血行を良くして新陳代謝を促し、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。

 

 

赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが重要なんです。近年、葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方も多いと思います。
もしも、葉酸不足による赤ちゃんへのリスクを知っていればサプリによる葉酸を摂れていたと思います。

 

 

 

近頃、妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性がおこなうものだと考える方も居ますよね。
ですが、男性側が実践できる妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活に効くとされているツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)はたくさんあり、自宅で出来るお灸製品も販売され簡単に取り入れられるようになりました。良かったらやってみてはどうでしょう。
女性の妊娠の初期は赤ちゃんの器官形成をする大切な時期です。
この時期に妊婦の体内で葉酸を意識して摂ってみて欲しいという事です。流産や不妊におけるリスク要因は母親側だけの問題かというとそうではなく、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。
特に注意すべきは精子の染色体異常です。

 

受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。

 

 

 

葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊婦への積極的な摂取がもとめられています。病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸摂取する事が重要ですし、妊娠の初期にもサプリメントによって補うと効果があります。

 

 

 

妊活に効果的な方法としてお灸が関心を集めています。

 

伝統のある鍼灸療法により体のコンディションを妊娠しやすくしていくことが出来、それにプラスして副作用をもたないという点もいいですね。妊活もあるのです。それは、普段の食事の中で葉酸摂取できなかったとしても、葉酸はほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素(これを気にして献立を考えるのは非常に大変です。でも、家族の健康を維持するためには必要なことだといえるでしょう)なのです。

 

 

 

 

なので、妊娠を願望する女性であれば妊娠前から意識して葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。

 

 

しかし葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるというはたらきがあります。そのため、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。


Copyright (C) 2016 妊活まとめブログ All Rights Reserved.

TOP
PAGE